最初が肝心で根気よく続ける

犬を飼う際に気をつけないといけない事が幾つかありますが、その中で最も大切な事と言えば「躾」ではないでしょうか。

飼い主の方はただ単に可愛いだけで犬を飼うのではなく、きちんと責任を持って犬の躾を行わなければなりません。

犬は頭の良い動物ですので飼い主の方が根気強く教えて行けば必ずその教えを学び守るようになります。ですので飼い主の方は途中で諦めずに根気強く躾を行うよう心掛けて下さい。犬を飼い一番最初に行う躾は、飼い主の方が犬のリーダーであると犬に認識をさせる事です。

犬はリーダーの言う事を絶対に聞かないといけないという習性を持っていますので、犬に飼い主の方がリーダーだと認められれば犬は飼い主の言う事をきちんと聞くようになります。犬に飼い主の方がリーダーだと認識させた後はトイレの躾けを行いましょう。

トイレの躾を行う際に、先ずトイレの場所を一か所決めておきます。そこで犬がオシッコやウンチのサインでもあるソワソワし始めたら犬をトイレへと誘導して下さい。

基本的に犬は、目が覚めた後や食事の後、遊んだ後などにトイレへ行きますので飼い主の方はその時を見計らってトイレに連れて行ってあげると良いかもしれません。きちんとトイレでオシッコやウンチが出来た時は犬を誉めてあげて下さい。

逆にトイレ以外の場所でオシッコやウンチをしてしまった場合は、その場所を消毒して臭いを完全に消すようにして下さい。臭いが残ってしまうと、またその場所にオシッコやウンチをしてしまいますので気をつけて下さい。また、トイレを失敗しても絶対に叱る事は避けて下さい。

犬はオシッコやウンチの後に叱られても何故叱られているのか理解できていませんので叱ったとしても全く意味がありません。ですので、トイレが正しく出来た時に思い切り誉めてあげて根気強く教えて行く事が大切です。次に無駄吠えをさせない躾を行いましょう。

大きくなってしまいますと無駄吠えを直すのは非常に困難になりますので、子犬の時にきちんと無駄吠えの躾けは行うようにして下さい。犬が無駄吠えをする理由には色々ありますが、一番の理由は恐怖心や警戒心からだとされております。ですので、なるべく多くの方に触れさせたり多くの場所に連れて行ったりし社会性を身につけさせると良いでしょう。

人にも触れさせず家にばかり籠ってしまいますと少しの物音でも脅えてしまい無駄吠えの原因にも繋がってしまいます。また、犬は言葉を話す事ができませんので吠えて飼い主の方に自分の気持ちを訴えます。

体調が悪い時、寂しい時、怖い時、お腹が空いた時など様々あります。ですので、飼い主の方はその時その時の状況で犬が何故無駄吠えをしているのか、その原因を探り当てる事が重要になります。

無駄吠えはご近所迷惑になりますので、早い段階で行わなければならない躾の一つです。家族の一員になった可愛いペットの為にも、飼い主の方は根気強く躾を行うよう心掛けて下さい。根気よくづ続けて行けば犬は必ず出来るようになります。最初が肝心ですので頑張ってください。